憧れだけでは働けない

子供のころの将来の夢として、お花屋さんで働くということを挙げる女の子はたくさんいるものですよね。小さいころの憧れの仕事に就くことができれば、それだけでも仕事にやりがいをもって臨むことができるでしょう。とはいえ、実際にアルバイトで働いてみると、決してあこがれだけではやっていけないものであるということがわかります。というのも、実際お花屋さんのアルバイトは、かなり大変な仕事だと言わざるを得ないからです。もちろん、花が好きだという人にとっては、花に囲まれて仕事ができるなんて夢のような環境かもしれません。あるいは、料理を提供する料理人と同じように、自分の作った花束や花のアレンジをお客さんが喜んでくれると、とてもうれしいものです。そういったことにやりがいを感じて、ずっと続けていく人もたくさんいます。しかし、外から見れば綺麗に見えるものでも、実際に中に入ってみると涙ぐましい努力をしている、などということは良くあることです。それはお花屋さんも一緒であり、確かに花束をつくったりアレンジしたりすることは華やかなことかもしれませんが、花の仕入れや管理、あるいは腐ってしまった花の処理など、かなり大変な思いをしなければいけないことも多くあります。よく腰をかがめて作業をしなければいけない仕事でもあるので、腰を痛めてやむなく辞めてしまうという人も珍しくありません。給料も必ずしも高いわけではありませんが、やりがいの大きい仕事なので、そこに魅力を感じる人が多いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年9月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

  • カテゴリーなし

アーカイブ